相互補助関係

酵素効果的にはたかせるには、ビタミンとミネラルが必要です。これらを補酵素と呼びます。

 

つまり、酵素が十分に体の中になければ、
体内でビタミンやミネラルが他の栄養素とも効果的に利用されることがないといった相互補助関係が成り立ちます。

 

自分の体を最も健康な状態に保つために、
90種類の栄養素が必要だとされています。それは60種類のミネラル、16種類のビタミン、12種類のアミノ酸と3種類の必須脂肪酸となります。

 

最近販売されている食品の中にはいろいろな謳い文句があります。
健康に必要な成分が含まれていることを書いている食品が多いかと思いますが、
結局のところ栄養素とはそれほど単純なものではありません。

 

厚生労働省は、いちにち30目というキャンペーンを行っていますが、
何か1つを集中的に食べればバランスが取れるということではありません。

 

 

何かの栄養素が足りないからと言ってそればかりをとっていたとしても結局のところ足りないという状態になってしまうことがあります。

 

これはある成分をきちんと摂取するためには別の栄養素が京都なるからです。
1つの栄養素が足りないからといって、集中的に1つの要素のみを取る事は功利的ではありません。
むしろ欠損してしまうことを招くことになります。

 

人間が健康でいられるのは、常にこういったバランスが保たれていることが条件となります。
そういった中で酵素の働きがとても大きな部分を占めています。
酵素も役目が置かれていますから、バランスよく摂取することが大切です。
1つの酵素だけを集中的に摂取したところで健康になれるとは言えないものです。

関連ページ

医食同源と酵素
医食同源と酵素について説明しています。
酵素の力
酵素の力について説明しています。
スカベンジャー酵素の力
スカベンジャー酵素の力について説明しています。
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気を説明しています。
酵素は人間の体の中にもある物質
酵素は人間の体の中にある物質です。
酵素の専門の役割
酵素の専門の役割について説明しています。
酵素の美肌効果の真実
酵素の美肌効果の真実について説明しています。