酵素の役割はそれぞれ違います

酵素はそれぞれ作用する役目が違っています。

 

ひとつひとつがきちんと役割を持って作用する相手が違っています。
分解する相手が違っていると考えた方が判り易いかもしれません。

 

酵素によって関わる化学反応が違うことになるわけです。
命があるところには必ず構想があると言われています。

 

動物でも植物でも酵素が生命力とエネルギー生産の基本となっています。
植物の種から芽が出ることや果物が実こと、葉っぱが色づくなど、あらゆる機能に全てこうした酵素が関わっています。

 

消化酵素は、大きな各分子の食べ物、器官から吸収されるような小さな各部署に分解する役目を担っています。
人間の体は約22種類もの消化酵素を分泌します。

 

これらはお互いに異なった消化酵素によって、タンパク質、炭水化物、糖分、脂肪といった栄養素を消化することができるのです。驚くべき事は、決まったこそが決まった食事に対して消化しやすい形に分解することになっているということです。

 

プロテアーゼという酵素はタンパク質しか分解しません。

 

アミラーゼは炭水化物、リパーゼは脂肪、そしてセルロースは私たちの体の中では分泌することができません。

 

そのためセルロースは植物から摂取することになります。
セルロースは繊維質を消化することになります。

 

口の中で活発に働いてくれる酵素は胃の中では活発にまだきません。
つまり役割と働く場所がきちんと分かれているということになります。

 

関連ページ

医食同源と酵素
医食同源と酵素について説明しています。
酵素の力
酵素の力について説明しています。
スカベンジャー酵素の力
スカベンジャー酵素の力について説明しています。
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気を説明しています。
酵素は人間の体の中にもある物質
酵素は人間の体の中にある物質です。
ミネラルと酵素
ミネラルと酵素の関係について説明しています。
酵素の美肌効果の真実
酵素の美肌効果の真実について説明しています。