酵素の種類は約3,000種類

なんだか酵素と言うと何か無機質なイメージをもたれる方も少なくないかも知りませんね。
しかしながら実のところ酵素は私たちの体を作っている細胞の中で生産されたタンパク質です。

 

 

 

ワタシ達人間の体の中はもちろん、あらゆる生物の体の中でも大活躍しています。

 

 

 

この酵素の存在が科学的に証明されてから数百年余経ちますが、
そして人間の体の中にだけでも約3,000種類の酵素がいるとわかっています。

 

 

 

それぞれがさだめられた反応を延々と繰り返しているわけです。
酵素が反応して分解してくれてエネルギーに変えてくれる部室はそれぞれ決まっていますので一つ一つきちんとした役目が用意されているということですね。

 

酵素は生きていくのに必要なエネルギーを得て自分たちのための物質をしっかりと繰り上げてくれているということです。

 

構想はあらゆる生物の中でとても重要なあたり気をしていますがまだまだわかっていない部分がたくさんあるそうです。

 

体の1部分でどれくらいのことがどのように与えているかはいまいちはっきり分かっていないようです。

 

人間の生活においていちばん酵素が目立って使われているとされるのは肝臓ですね。
肝臓では常に500種類以上の酵素を使ってその機能を果たしていることになります。

 

 

関連ページ

医食同源と酵素
医食同源と酵素について説明しています。
酵素の力
酵素の力について説明しています。
スカベンジャー酵素の力
スカベンジャー酵素の力について説明しています。
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気を説明しています。
酵素の専門の役割
酵素の専門の役割について説明しています。
ミネラルと酵素
ミネラルと酵素の関係について説明しています。
酵素の美肌効果の真実
酵素の美肌効果の真実について説明しています。