植物がサビない理由

私時は普通に呼吸していますよね。
呼吸して生活しているという事はほとんどの場合酸素と窒素吸っていることになります。

 

 

 

酸素が体内で色々な物質と反応して最後に道にあるまでの間に、
活性酸素というものを生成されてしまいます。

 

 

 

活性酸素は、増えてしまうといろいろな病気の元になってしまったり細胞自体をぼかされてしまったり体に良いものはありません。つまりとても体に対して有害な物質になるということです。

 

 

 

その他活性酸素は植物の光合成を止めてしまうなどの作用も伴います。
人間と食物では生きていく上で行う事は。。違いますが活性酸素による悪影響は似ています。

 

 

人間にとっても植物にとっても活性酸素を止める仕組みはとても大切になってくるんです。

 

 

つまりこの活性酸素をきちんと消すことができればいろいろな病気にかかりにくくなるというわけです。
人間はちょっとしたそれ素で簡単に活性酸素が出てきてしまったりします。

 

 

 

また植物も目から吸い上げた水と空気中の二酸化炭素を素材に、
太陽エネルギーの力を借りてブドウ糖13層構成します。

 

 

 

植物はこの光合成を行う際に大量の活性酸素を発生させています。

 

 

 

ですが植物のサビれることありません。これは植物の葉に活性酸素を抑える酵素がふくまれているからです。
それはスカベンジャーと呼ばれる酵素です。

 

 

 

 

関連ページ

医食同源と酵素
医食同源と酵素について説明しています。
酵素の力
酵素の力について説明しています。
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気
酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気を説明しています。
酵素は人間の体の中にもある物質
酵素は人間の体の中にある物質です。
酵素の専門の役割
酵素の専門の役割について説明しています。
ミネラルと酵素
ミネラルと酵素の関係について説明しています。
酵素の美肌効果の真実
酵素の美肌効果の真実について説明しています。