酵素の効果

医食同源と酵素

 

日本には古くから医食同源という言葉があります。

 

食べ物は人間が病気を防止治療していく上で薬と同じように重要な要素となるわけです。

 

 

そして今日私たち日本人の平均的な寿命は世界一と言うことになっていますが、その最大の要因は日本の伝統的な食事にあるとられています。固有の伝統食になるわけです。

 

 

WHO (世界保健機構)も、この日本人の固有の食事の秘密を作ろうと進出してきている位です。

 

 

しかしながら、果たして今日まで私たちはこの世界に誇るべき伝統食をしっかり守っていて、
今後もこの長寿社会保障されていると言えるのでしょうか。

 

 

食生活の欧米化とともに肉食や輸入食品の食卓に浸透し、
農薬や環境ホルモン、添加物におかされてしまって食品が増えてきました。

 

 

それに伴い肥満や元糖尿病をはじめとする様々な生活習慣猫が増えてきています。

 

 

今や長寿化は頭打ち傾向が3大そろそろ短命化の傾向が見えるだろうさえ言われてるようになっています。

 

 

酵素は人間の生命活動の根源を担うものです。
このバランスが乱れてくると正しくあるべきエネルギー循環も乱れてきます。

 

それは病気への第一歩となるのです。

 

酵素を意識した食事は病気を未然に防ぐという深い意味をもっています。

 

 

なんとなく流行りで酵素の名前を聞いている方も多いかと思いますが、
酵素は古い食事からも摂取されてきているものなのです。

 

流行が過ぎたとしてもしっかり意識して摂取していきたいものですね。

 

酵素の力

最近では、わたし達日本人が病気予防と病気治療を
医者にだけ任せている時代は終えてしまったとも言えます。

 

 

1人1人が予防と治療に責任を持って、自分で自分の健康考えなければならない事態がやってきました。

 

 

そんな中で、日本人の医食同源として登場しているのが酵素です。
これからの時代は酵素の時代と言われています。

 

 

実際にアメリカにおいてもコースの研究商品化がどんどんすすめられています。

 

 

日本でも最近は酵素の種類がとても増えてきましたよね。
特にダイエットメインで考えた酵素ドリンクがものすごい数になっていると思います。

 

 

ほとんどの酵素に含まれる酵素の由来は野草です。

 

 

果物やその他の種類からも酵素摂取できますが、
いちばん、一般的な食事から鶏肉いとされている野草由来の酵素が増えているようです。

 

 

一般的な酵素の使い方は強く加熱等を一切加えず自然発酵させ、抽出した現役を商品化したものになります。

 

 

しかしながらこれには色々な味が伴いますので、
好き嫌いが分かれてしまうという点で少し難しくなっています。

 

 

特にダイエット目的の酵素ドリンクタダでは味をメインとしたおいしいものが最近では増えてきてような気もしますね。

 

 

続ける為には、味はとても大切になってきます。
もちろんクオリティーも大切ですが、まずは自分で継続しやすいものを選ぶことが大切かと思います。

 

スカベンジャー酵素の力

普通に呼吸していますよね。

 

呼吸して生活しているという事はほとんどの場合酸素と窒素吸っていることになります。

 

 

 

酸素が体内で色々な物質と反応して最後に道にあるまでの間に、
活性酸素というものを生成されてしまいます。

 

 

 

活性酸素は、増えてしまうといろいろな病気の元になってしまったり細胞自体をぼかされてしまったり体に良いものはありません。つまりとても体に対して有害な物質になるということです。

 

 

 

その他活性酸素は植物の光合成を止めてしまうなどの作用も伴います。
人間と食物では生きていく上で行う事は。。違いますが活性酸素による悪影響は似ています。

 

 

人間にとっても植物にとっても活性酸素を止める仕組みはとても大切になってくるんです。

 

 

つまりこの活性酸素をきちんと消すことができればいろいろな病気にかかりにくくなるというわけです。
人間はちょっとしたそれ素で簡単に活性酸素が出てきてしまったりします。

 

 

 

また植物も目から吸い上げた水と空気中の二酸化炭素を素材に、
太陽エネルギーの力を借りてブドウ糖13層構成します。

 

 

 

植物はこの光合成を行う際に大量の活性酸素を発生させています。

 

 

 

ですが植物のサビれることありません。これは植物の葉に活性酸素を抑える酵素がふくまれているからです。
それはスカベンジャーと呼ばれる酵素です。

 

酵素で消せる活性酸素が原因で起きる病気

活性酸素が原因で起こってしまう病気にはいろいろなものがあります

 

アトピー性皮膚炎、アルツハイマー型痴呆上、十二指腸潰瘍、パーキンソン病、慢性関節リウマチ、肝硬変、肝炎、薬物で鑑賞会、腎炎、むくみ、シミそばかす、ベーチェット病、未熟児網膜症、便秘、痛風、肺気腫、脳血栓、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、狭心症、がん、白内障、転換、歯周病、感染症、貧血、喘息、花粉症、白血病、動脈硬化、高血圧性、高脂血症、多臓器不全、糖尿病、慢性胃炎、胃潰瘍、クローン病、当初、川崎病などなど。

 

 

まだまだたくさんありますが以上が活性酸素が引き起こす病気となります。

 

さらに活性酸素は肌の老化においてもとても厄介な状況になることが確認されています。

 

 

 

紫外線を浴び続けると肌の表面でも酸化が起こり活性酸素が発生することが確認されています。
これが長い間続くと肌表面が乾燥していきさびた状態なっていきますので廊下が促進されてしまうということです。

 

 

そういった肌の表面のことも考え酵素摂取することはとても大切になってきます。
酵素は体内から活性酸素を除去してくれるわけですから病気を防ぐためにはできるだけ毎日コツコツと酵素摂取しておくことが大事なんですね。

 

 

 

しかしながら食事で摂取できる量にも限界があるということなので最近は酵素食品が人気ができたわけですね。
利用においてもいい事が多いので酵素食品は女性に対してとても人気ですね。

酵素は人間の体の中にもある物質

なんだか酵素と言うと何か無機質なイメージをもたれる方も少なくないかも知りませんね。
しかしながら実のところ酵素は私たちの体を作っている細胞の中で生産されたタンパク質です。

 

 

 

ワタシ達人間の体の中はもちろん、あらゆる生物の体の中でも大活躍しています。

 

 

 

この酵素の存在が科学的に証明されてから数百年余経ちますが、
そして人間の体の中にだけでも約3,000種類の酵素がいるとわかっています。

 

 

 

それぞれがさだめられた反応を延々と繰り返しているわけです。

 

 

酵素が反応して分解してくれてエネルギーに変えてくれる部室はそれぞれ決まっていますので一つ一つきちんとした役目が用意されているということですね。

 

 

酵素は生きていくのに必要なエネルギーを得て自分たちのための物質をしっかりと繰り上げてくれているということです。

 

 

構想はあらゆる生物の中でとても重要なあたり気をしていますがまだまだわかっていない部分がたくさんあるそうです。

 

 

体の1部分でどれくらいのことがどのように与えているかはいまいちはっきり分かっていないようです。

 

 

人間の生活においていちばん酵素が目立って使われているとされるのは肝臓ですね。
肝臓では常に500種類以上の酵素を使ってその機能を果たしていることになります。

酵素の専門の役割

酵素はそれぞれ作用する役目が違っています。

 

 

ひとつひとつがきちんと役割を持って作用する相手が違っています。
分解する相手が違っていると考えた方が判り易いかもしれません。

 

 

酵素によって関わる化学反応が違うことになるわけです。
命があるところには必ず構想があると言われています。

 

 

動物でも植物でも酵素が生命力とエネルギー生産の基本となっています。

 

 

植物の種から芽が出ることや果物が実こと、葉っぱが色づくなど、あらゆる機能に全てこうした酵素が関わっています。

 

 

消化酵素は、大きな各分子の食べ物、器官から吸収されるような小さな各部署に分解する役目を担っています。

 

人間の体は約22種類もの消化酵素を分泌します。

 

 

これらはお互いに異なった消化酵素によって、タンパク質、炭水化物、糖分、脂肪といった栄養素を消化することができるのです。驚くべき事は、決まったこそが決まった食事に対して消化しやすい形に分解することになっているということです。

 

 

プロテアーゼという酵素はタンパク質しか分解しません。

 

 

アミラーゼは炭水化物、リパーゼは脂肪、そしてセルロースは私たちの体の中では分泌することができません。

 

 

そのためセルロースは植物から摂取することになります。
セルロースは繊維質を消化することになります。

 

 

口の中で活発に働いてくれる酵素は胃の中では活発にまだきません。
つまり役割と働く場所がきちんと分かれているということになります。

ミネラルと酵素

酵素効果的にはたかせるには、ビタミンとミネラルが必要です。これらを補酵素と呼びます。

 

 

つまり、酵素が十分に体の中になければ、
体内でビタミンやミネラルが他の栄養素とも効果的に利用されることがないといった相互補助関係が成り立ちます。

 

 

自分の体を最も健康な状態に保つために、
90種類の栄養素が必要だとされています。

 

 

それは60種類のミネラル、16種類のビタミン、12種類のアミノ酸と3種類の必須脂肪酸となります。

 

 

最近販売されている食品の中にはいろいろな謳い文句があります。

 

 

健康に必要な成分が含まれていることを書いている食品が多いかと思いますが、
結局のところ栄養素とはそれほど単純なものではありません。

 

 

厚生労働省は、いちにち30目というキャンペーンを行っていますが、
何か1つを集中的に食べればバランスが取れるということではありません。

 

 

何かの栄養素が足りないからと言ってそればかりをとっていたとしても結局のところ足りないという状態になってしまうことがあります。

 

 

これはある成分をきちんと摂取するためには別の栄養素が京都なるからです。

 

 

1つの栄養素が足りないからといって、集中的に1つの要素のみを取る事は功利的ではありません。
むしろ欠損してしまうことを招くことになります。

 

 

人間が健康でいられるのは、常にこういったバランスが保たれていることが条件となります。
そういった中で酵素の働きがとても大きな部分を占めています。

 

 

酵素も役目が置かれていますから、バランスよく摂取することが大切です。
1つの酵素だけを集中的に摂取したところで健康になれるとは言えないものです。

酵素の美肌効果の真実

酵素は健康づくりに役立つだけではありません。

 

 

肌の色やつや、その人の健康状態を示すものとなります。
酵素は美しい素肌を作る上でとても大切な要素として特に女性から注目されるようになって来ています。

 

 

天然酵素のタンパク質や脂肪を分解する作用は、
皮膚の老廃した角質や皮脂の汚れなども分解して取り去ってくれます。

 

 

皮膚の細胞は約28日周期のサイクルで生まれ変わることになっていますか、
サイクルが崩れて古い角質が残ってくると、くすみやしわ、しみ、ニキビ、等などさまざまな肌のトラブルを招くことになります。

 

 

 

さらに、天然酵素には、紫外線による色素沈着や、
有害な活性酸素を食い止めてくれる働きも存在します。

 

 

 

女性にとって、紫外線は大敵です。
近年では、これの直接的な原因は活性酸素であることがわかっています。

 

 

 

紫外線の刺激で皮膚や目などに一重項酸素という活性酸素が発生します。

 

 

これは、メラニン色素の形成を強力に促進し、皮膚組織を酸化させてしまうものです。

 

 

 

また、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、などのアレルギー性疾患は活性酸素が大きく関わっているとされています。

 

 

これに対して、スカベンジャー酵素の働きが強い人の場合、
活性酸素の影響を抑えてくれることになります。
そのためには、酵素は適度に摂取することが大事なのです。