産後の病気まとめ

産後の病気に関連している記事を集めています。

2016/01/31 00:23:31 | 産後の病気まとめ
出産した後1ヵ月から4ヶ月に一過性の甲状腺機能亢症を引き起こします。症状は倦怠感と動悸です。甲状腺機能低下症に変化する場合もあります。甲状腺系の問題は女性にとってはかなり大きな問題となります。短期的な視点ではなく、長期的な視点から対処法を考えてゆくことが望ましく、今後の妊娠にとってのリスクも把握しておく必要があります。血栓性静脈炎妊娠中は大きくなってしまった子宮の圧迫によって下肢の静脈血流が停滞しやすくなります。さらに妊娠中は血液中の凝固因子が増えてしまい、特に出産前後には血栓ができやすい状態となります。そのため下肢の静脈が青黒く浮き出て見える静脈瘤が確認されます。ぼこぼことした状態を怖いと思...
2016/01/31 00:21:31 | 産後の病気まとめ
排卵が妨げられてしまったり、排卵した後に作られる黄体ホルモンの分泌がしっかりしていないために月経不順や不妊を招いてしまっている状態をいいます。原因としては視床下部や脳下垂体から分泌されるホルモン異常、卵巣そのものの異常など多岐に渡ります。その原因によって治療法も異なってきます。排卵期出血排卵期に少量出血する現象です。この状態が起きない女性も多く、出血している女性であっても毎回起こるとは限りません。排卵日出血そのものは病気ではありません。ですが他の病気による不正出血の可能性が考えられるため検診や超音波検査が必要になります。卵巣腫瘍卵巣に発生し、腫瘍に変化する病気の総称をいいます。良性の腫瘍と悪性...
2016/01/31 00:20:31 | 産後の病気まとめ
膣、子宮けい管からの感染が子宮を得て卵管にまで及んでいる状態です。最も多い原因はクラミジア感染だと言われています。卵管は細い管の器官であるため、炎症を起こしてしまうと癒着してしまいます。そのため、子宮外妊娠や不妊症の原因となります。クラミジア感染症クラミジアトラコマチスにより子宮経管炎を起こす感染症です。性感染症の中では最も多い感染症とされています。妊娠をしたときに感染をしていると流産の原因ともなってしまいます。抗生物質での治療はできますが、完治していないまま放置してしまうと骨盤の中に感染してしまい、不妊症の原因ともなってしまいます。子宮奇形発生の途中で癒合不全が起こり、子宮の形が異常をきたし...
2016/01/31 00:18:31 | 産後の病気まとめ
出産後に、乳管がしっかりと開通していない乳腺があると乳汁の流れが滞ってしまい痛みを伴う腫れができることがあります。さらにこの部分に細菌感染が起こってしまうとおかん、発熱といった全身的な症状が現れてきます。炎症を起こした乳房は赤く腫れてしまい強い痛みを感じるようになります。乳頭の亀裂から感染が起こってしまうこともあります。黄色ブドウ球菌によることが多いとされています。治療としては、抗生物質、消炎剤の内服で行います。症状が重い場合は手術が必要になる場合もあります。乳腺症発見のパターンとしては乳房のしこりとしての場合が多いようです。乳管や繊維組織が過剰に形成されたために起こります。良性の疾患になりま...