赤ちゃんが太ってしまうことも

赤ちゃんにミルクを飲ませる時に、まず大切な事はママがきちんと抱っこしてあげることです。

 

 

特にミルクで育つ赤ちゃんの場合は、大切なスキンシップになります。
優しく愛情を注ぎゆったりとした気分で接するようにしてあげましょう。

 

 

抱っこの仕方としては、まず赤ちゃんを膝の上に抱き上げます。
そして長めに抱っこしながら、赤ちゃんの顎に清潔なガーゼをあてます。

 

 

そして哺乳瓶の乳首に空気が入らないようにして乳首をミルクでいっぱいにします。
授乳する時間は、20分程度で十分です。この時間帯よりも極端に早すぎたり遅い場合には、
乳首の穴の大きさを調節する必要があります。

 

 

授乳が終わったら、母乳をあげた時と同じように、
赤ちゃんを縦に抱っこして背中をさすりゲップを出さしてあげます。

 

 

飲ませるミルクの量と回数については、生まれてすぐの赤ちゃんに関して、
飲む量も時間も安定していません。

 

 

通常は、母乳を与える時と同じように、赤ちゃんが欲しがる時に飲ませてあげることが適切です。
1ヶ月ほど経つと安定してくるので、いちにち6〜8回くらい、ビタミンCが壊れてしまわないように、熱湯を使わず作ったミルクをあげます。

 

 

飲む量としては、ミルクの間についている目安はあまり気にせず、
赤ちゃんの様子を観察しながらあげるようにしましょう。

 

 

ですが、たくさん量を飲みたがるからといって、どんどん量を増やしてしまうのも危険です。
赤ちゃんが太ってしまうことも考えられます

 

関連ページ

出産後、なんとなく調子が悪い原因
出産後、しばらくしても調子が悪いことが続くケースがあります。その原因について説明しています。
母乳が出ないのはダメな事なの?
母乳が出ない事について説明しています。
断乳の方法〜いつから、どうやるのか
断乳の方法について説明しています。
産後に恥骨が痛い原因〜恥骨結合離開
恥骨が産後に痛むことがあります。恥骨結合離開について説明しています。
意外と知らない基礎体温の計り方
難しくない基礎体温の計り方です。
産後の産じょく期から月経までの流れ
産じょく期から月経が再びあらわれるまでの流れを説明しています。
出産後の尿漏れと頻尿を知る
出産後の尿漏れと頻尿について知っておきたいことです。
産後の膀胱炎を予防する方法
産後に多い膀胱炎を予防する方法を説明しています。
産後の関節痛が治らないのは?
産後の関節痛についてまとめています。
産後の静脈瘤は足だけではないんです。
産後の静脈瘤について血栓症や足以外の部分についても説明しています。
産後シミの治し方・消し方
産後シミの治し方や予防について説明しています。
産後の白髪の原因・対処法
産後の白髪と病気などとの関連性について説明しています。
産後に虫歯が増えた原因と対処法
産後ママで虫歯が増えたという方は増えています。
妊娠中の歯茎からの出血・鼻血
妊娠中の歯茎出血、鼻血について
産後の貧血(鉄欠乏性貧血)の治し方
産後の鉄欠乏性貧血の治し方について説明しています。
妊娠・産後のアレルギー体質
妊娠〜産後のアレルギー体質について説明しています。
産後のホルモンバランス異常・回復〜症状・イライラなど
産後のホルモンバランス異常・回復について説明しています。
前置胎盤は治る?繰り返す?
前置胎盤は治る状況や繰り返す確率など
陣痛が弱い微弱陣痛だったのは?なぜ?
陣痛が弱い微弱陣痛について説明しています。
前期破水の原因
前期破水の原因について説明しています。
産後の会陰切開の痛み
産後の会陰切開の痛みについて説明しています。
帝王切開は二人目は、大丈夫?
帝王切開で二人目について説明しています。
卵巣嚢腫の治療や症状・悪性?良性?
卵巣嚢腫の治療や症状について説明しています。
妊娠と乳がん検診
妊娠と乳がん検診について説明しています。
風疹への免疫力
風疹への免疫力について説明しています。
水疱瘡にかかっていない
水疱瘡にかかっていないケースについて
2人目が欲しいのに、できないのは?
2人目が欲しいのに、できない理由について
双子妊娠は遺伝が理由?
双子妊娠と遺伝の関連性について
新生児のうつ伏せ寝
新生児のうつ伏せ寝について説明しています。
赤ちゃんの皮膚が黄色い〜新生児黄疸
赤ちゃんの皮膚が黄色いという新生児黄疸について
赤ちゃんに母乳をあげるメリット
赤ちゃんに母乳をあげるメリットについて説明しています。
上手な授乳方法
上手な授乳方法について説明しています。
授乳で痛い、しこりや乳首が切れたら?
授乳で痛い、しこりや乳首が切れた場合について説明しています。
母乳不足の判断基準
母乳不足の判断基準について説明しています。
粉ミルクの与え方
粉ミルクの与え方について説明しています。