80回に1回

双子は自然妊娠の場合80回に1回の頻度と言われています。
一般的にはイベントの関係はないとされています。

 

 

頻度としてはかなり多いものとなりますので、
家族や親戚に双子を産んだ方が多いからといって必ずなると言うわけではありません。
近年、多胎妊娠の頻度は増加しています。
多胎には一卵性と二卵性があります。

 

 

妊娠にはそれぞれのリスクを伴うことが確認されています。
これは、一卵性か二卵性かによっても異なる部分が大きいとされています。

 

 

一卵性の場合には、胎盤で2人の胎児の血管がつながっており、
条件の違いによって一方の赤ちゃんからもう一方の赤ちゃんへの血液が偏ってしまい、その結果発育に差がついてしまい、小さな子の方だけではなく大きなほうの子供まで全身状態が悪くなってしまう双胎間輸血症候群が起きてしまうことが考えられます。

 

 

その他、二卵性であっても、胎児が1人の場合よりも発育が小さいことが確認されています。
一方、母体にとっては2人分の負担がかかってしまうため、貧血や妊娠高血圧症候群にかかりやすくなってしまいます。

 

そのため至急も団体の場合と比べると急速に大きくなってしまうので切迫早産になりやすくなります。
妊娠の期間を少しでも伸ばし、胎児の状態を綿密に把握するため、妊娠検診は通常よりも多く行い、妊娠29週ごろから入院とする場合が多くなります。

 

 

切迫早産の兆しが出てきた場合では、子宮収縮抑制剤の点滴と安静で対処することになりますが、
分娩まで2ヶ月ほどの長い間入院になることも少なくありません。

 

関連ページ

出産後、なんとなく調子が悪い原因
出産後、しばらくしても調子が悪いことが続くケースがあります。その原因について説明しています。
母乳が出ないのはダメな事なの?
母乳が出ない事について説明しています。
断乳の方法〜いつから、どうやるのか
断乳の方法について説明しています。
産後に恥骨が痛い原因〜恥骨結合離開
恥骨が産後に痛むことがあります。恥骨結合離開について説明しています。
意外と知らない基礎体温の計り方
難しくない基礎体温の計り方です。
産後の産じょく期から月経までの流れ
産じょく期から月経が再びあらわれるまでの流れを説明しています。
出産後の尿漏れと頻尿を知る
出産後の尿漏れと頻尿について知っておきたいことです。
産後の膀胱炎を予防する方法
産後に多い膀胱炎を予防する方法を説明しています。
産後の関節痛が治らないのは?
産後の関節痛についてまとめています。
産後の静脈瘤は足だけではないんです。
産後の静脈瘤について血栓症や足以外の部分についても説明しています。
産後シミの治し方・消し方
産後シミの治し方や予防について説明しています。
産後の白髪の原因・対処法
産後の白髪と病気などとの関連性について説明しています。
産後に虫歯が増えた原因と対処法
産後ママで虫歯が増えたという方は増えています。
妊娠中の歯茎からの出血・鼻血
妊娠中の歯茎出血、鼻血について
産後の貧血(鉄欠乏性貧血)の治し方
産後の鉄欠乏性貧血の治し方について説明しています。
妊娠・産後のアレルギー体質
妊娠〜産後のアレルギー体質について説明しています。
産後のホルモンバランス異常・回復〜症状・イライラなど
産後のホルモンバランス異常・回復について説明しています。
前置胎盤は治る?繰り返す?
前置胎盤は治る状況や繰り返す確率など
陣痛が弱い微弱陣痛だったのは?なぜ?
陣痛が弱い微弱陣痛について説明しています。
前期破水の原因
前期破水の原因について説明しています。
産後の会陰切開の痛み
産後の会陰切開の痛みについて説明しています。
帝王切開は二人目は、大丈夫?
帝王切開で二人目について説明しています。
卵巣嚢腫の治療や症状・悪性?良性?
卵巣嚢腫の治療や症状について説明しています。
妊娠と乳がん検診
妊娠と乳がん検診について説明しています。
風疹への免疫力
風疹への免疫力について説明しています。
水疱瘡にかかっていない
水疱瘡にかかっていないケースについて
2人目が欲しいのに、できないのは?
2人目が欲しいのに、できない理由について
新生児のうつ伏せ寝
新生児のうつ伏せ寝について説明しています。
赤ちゃんの皮膚が黄色い〜新生児黄疸
赤ちゃんの皮膚が黄色いという新生児黄疸について
赤ちゃんに母乳をあげるメリット
赤ちゃんに母乳をあげるメリットについて説明しています。
上手な授乳方法
上手な授乳方法について説明しています。
授乳で痛い、しこりや乳首が切れたら?
授乳で痛い、しこりや乳首が切れた場合について説明しています。
母乳不足の判断基準
母乳不足の判断基準について説明しています。
粉ミルクの与え方
粉ミルクの与え方について説明しています。
意外と知らない?正しいミルクの量と飲ませ方
意外と知らない?正しいミルクの量と飲ませ方について説明しています。