子宮破裂のリスクは?

初めての赤ちゃんを、帝王切開で出産した場合、
2番目のお子さんの分娩方針を決めるにあたっては、前回行った帝王切開の方法が問われます。

 

 

児童骨盤適合と判断されているのであれば、
次も帝王切開が必要となります。

 

これは赤ちゃんの頭の大きさと比較して骨盤が狭く通過が難しいという状態です。
また、すでに2回帝王切開をしている場合や、
感染などの影響で傷治りが遅いといった可能性のある場合も同様となります。

 

 

前回が、帝王切開という条件である限り、子宮破裂と言うリスクが関係してきます。

 

 

子宮に陣痛のストレスが加わったとき、弱い部分があると、
子宮筋層が裂けて大量出血し、胎児は低酸素状態となります。

 

 

この状態になると、大急ぎで帝王切開しても救命が難かしいということになります。
しかも、陣痛開始前にあらかじめ診断することは非常に難しいとされています。

 

 

初めに帝王切開の場合には、約0.5パーセントの割合でこの子宮破裂が起こるという統計があります。
リスクとしてはそれほど高いわけではありませんが、いちど起こってしまった場合は重体となります。

 

 

赤ちゃんは助かっても低酸素状態の影響が強く残ってしまう可能性もあります。
そのため、アメリカでは、帝王切開の経験がある場合は、次は全てにおいて帝王切開を行うこととしていました。

 

 

日本においては方針にいろいろな幅があるのが現状です。
これは病院の環境や、医師のリスクに対する考え方の差が挙げられます。

 

 

どの方法が一番安全かとは判断しにくい部分でもあります。
次回の分娩においては、初期の検診の時点から病院の方針について確認することによって、
納得できる医療機関を選択することが重要になります。

 

 

関連ページ

出産後、なんとなく調子が悪い原因
出産後、しばらくしても調子が悪いことが続くケースがあります。その原因について説明しています。
母乳が出ないのはダメな事なの?
母乳が出ない事について説明しています。
断乳の方法〜いつから、どうやるのか
断乳の方法について説明しています。
産後に恥骨が痛い原因〜恥骨結合離開
恥骨が産後に痛むことがあります。恥骨結合離開について説明しています。
意外と知らない基礎体温の計り方
難しくない基礎体温の計り方です。
産後の産じょく期から月経までの流れ
産じょく期から月経が再びあらわれるまでの流れを説明しています。
出産後の尿漏れと頻尿を知る
出産後の尿漏れと頻尿について知っておきたいことです。
産後の膀胱炎を予防する方法
産後に多い膀胱炎を予防する方法を説明しています。
産後の関節痛が治らないのは?
産後の関節痛についてまとめています。
産後の静脈瘤は足だけではないんです。
産後の静脈瘤について血栓症や足以外の部分についても説明しています。
産後シミの治し方・消し方
産後シミの治し方や予防について説明しています。
産後の白髪の原因・対処法
産後の白髪と病気などとの関連性について説明しています。
産後に虫歯が増えた原因と対処法
産後ママで虫歯が増えたという方は増えています。
妊娠中の歯茎からの出血・鼻血
妊娠中の歯茎出血、鼻血について
産後の貧血(鉄欠乏性貧血)の治し方
産後の鉄欠乏性貧血の治し方について説明しています。
妊娠・産後のアレルギー体質
妊娠〜産後のアレルギー体質について説明しています。
産後のホルモンバランス異常・回復〜症状・イライラなど
産後のホルモンバランス異常・回復について説明しています。
前置胎盤は治る?繰り返す?
前置胎盤は治る状況や繰り返す確率など
陣痛が弱い微弱陣痛だったのは?なぜ?
陣痛が弱い微弱陣痛について説明しています。
前期破水の原因
前期破水の原因について説明しています。
産後の会陰切開の痛み
産後の会陰切開の痛みについて説明しています。
卵巣嚢腫の治療や症状・悪性?良性?
卵巣嚢腫の治療や症状について説明しています。
妊娠と乳がん検診
妊娠と乳がん検診について説明しています。
風疹への免疫力
風疹への免疫力について説明しています。
水疱瘡にかかっていない
水疱瘡にかかっていないケースについて
2人目が欲しいのに、できないのは?
2人目が欲しいのに、できない理由について
双子妊娠は遺伝が理由?
双子妊娠と遺伝の関連性について
新生児のうつ伏せ寝
新生児のうつ伏せ寝について説明しています。
赤ちゃんの皮膚が黄色い〜新生児黄疸
赤ちゃんの皮膚が黄色いという新生児黄疸について
赤ちゃんに母乳をあげるメリット
赤ちゃんに母乳をあげるメリットについて説明しています。
上手な授乳方法
上手な授乳方法について説明しています。
授乳で痛い、しこりや乳首が切れたら?
授乳で痛い、しこりや乳首が切れた場合について説明しています。
母乳不足の判断基準
母乳不足の判断基準について説明しています。
粉ミルクの与え方
粉ミルクの与え方について説明しています。
意外と知らない?正しいミルクの量と飲ませ方
意外と知らない?正しいミルクの量と飲ませ方について説明しています。