常におっぱいはたぷんたぷん


授乳中は痩せるとよく聞きますが、私は失敗でした。
お腹が減ってしまいどうしても食べずにはいられないほどで、満腹を感じることがなかったです。
それでも痩せたくて何日か食事の量を控えてみましたが、きつく疲れの毎日の中でご飯が足りずフラフラ状態に。
ご飯をしっかり食べて動こうと思うもすぐお腹が減るという毎日でした。
授乳回数の多い期間はずっと食べて飲んで、だったおかげか常におっぱいはたぷんたぷん。
子供の顔が隠れるくらいに大きなおっぱいでした。

 

間食はあまりなかったのですが、
おっぱいあげた後は常にお腹が減るので3食食べる量も増えていきました。
あげてる分食べてもプラマイ0だと思っていたのに、授乳期間が減ってくる頃には体重は増加するばかりでした。
意識して動いても、お腹が減るサイクルは変わらないし、ご飯の量の調節が下手だったのもあり失敗に終わりました。
とにかく腹持ちのいいものをと、お米を食べ過ぎていたのが1番の原因かもしれません。
おっぱいがたぷんたぷんなのは子供からしたら成功かもしれませんが、ダイエットとしては失敗だらけでした。
今までに感じたことのない空腹感が毎日辛くて大変でした。
糖分を少し補給してもいいかなと思って試しましたが、おっぱいが張ってくる感覚になるし、すぐ太ってしまいました。
空腹が1番のダイエットの敵だなと感じました。