母乳へ移行するのか?

出産をすると、子育てと同時に、産後ダイエットを考える人は少なくありません。

 

 

妊娠、出産の間に増えてしまった体重を減らし、
元の体型に戻していく産後ダイエットは出産から6ヶ月以内に始めるのが効果的とされています。

 

 

6ヶ月を過ぎてしまうと、体は痩せにくくなり、期待する効果が出にくくなります。
これは脂肪が定着型の脂肪に戻ってしまうからです。

 

 

そんな産後ダイエットを考えた時、ダイエット薬に頼りたいと考える人も少なくないでしょう。

 

 

ですが、授乳で子育てをする場合、授乳中はダイエットに関する薬は避けておく事が重要になってきます。
授乳中にダイエット薬を飲んではいけない理由は、母乳に影響が出る可能性がある為です。

 

 

母乳は、母親が摂取した栄養から作られています。

 

 

ダイエット薬に限らず、授乳中に薬を摂取した場合、
その薬の成分が母乳に含まれてしまうと、その母乳を飲んでいる赤ちゃんにも影響が出てしまう可能性があります。

 

 

母乳に影響が出ない程度の成分であれば問題ないとされる事もありますが、
個人的に判断をする事は良くありません。

 

 

授乳中に薬を飲みたいと考える場合、まずは医師に相談をしてみる事がお勧めです。

 

 

そして、ダイエットをする場合、薬に頼るのではなく、
筋肉をつけて有酸素運動をする等、体を動かすようにする事がお勧めです。

 

 

ダイエット薬の代用品

どのサイトでも言われているかと思いますが、授乳中ダイエットにおいて薬の服用はオススメしていません。
もちろんプロテインなども母乳の変化が心配されるので
オススメできません。

 

 

これはどうしても薬の成分が母乳経由で赤ちゃんにも入ってしまう心配があるからです。

 

そうは言っても痩せたいのが心情でもある。

 

でも、食事制限はダメだって言うし。

 

で、困ってしまうかもしれません。

 

 

そんな時にオススメなのが、主食を半分にしてしまう方法です。

 

 

母乳にとって必要な栄養はしっかりと摂取しつつの減量法になりますので、
オススメです。

 

 

確かに、それまで満腹で食べていた方にとっては物足りなさを感じるかもしれません。
そんなときにはトップページでもご紹介した酵素ドリンクも併用しましょう。

 

 

空腹感をしっかり抑えることもできるので、置き換えダイエットなどをするよりも
グッと基礎代謝も上がりますし、痩せやすい体質になりやすいです。

 

 

食前に酵素ドリンクを飲んで、そのまま炭水化物の量だけを半分に減らす。

 

 

これだけで代謝酵素アップと余計なカロリー摂取コントロールの両方が可能になったりします。

 

 

薬に頼るのは、赤ちゃんが乳離れしてからでも遅くありませんよ。

 

 

関連ページ

産後の授乳中ダイエットでの有酸素運動効果と骨盤矯正
産後の授乳中ダイエットにおける有酸素運動の作用について説明しています。
産後授乳中ダイエットと卒乳後ダイエットの違い
産後の授乳中ダイエットと卒乳後のダイエットには大きな違いがあります。
授乳中の酵素ダイエットのメリット
授乳中における酵素ダイエットについて説明しています。
産後のダイエットはいつからはじめてOKなのか。
産後の授乳中ダイエットをいつから始めるべきかについて
授乳中に運動以外で安全に痩せる方法
授乳中で安全に痩せる方法
授乳中の産後ダイエットをやる気が出ない時
産後の授乳中ダイエットにおけるやる気が出ない理由
授乳中プロテインダイエットの危険性
授乳中のプロテインダイエットについて
ベルタ酵素に産褥体操と酵素ダイエットの相性を聞いてみた!
産褥体操と酵素ダイエットの相性を問い合わせてみました。
授乳中のダイエットが難しいのは、コレが原因
授乳中のダイエットが難しい原因について
産後ダイエットで酵素を飲むときの注意点
産後ダイエットでの酵素摂取について知っておくこと。
2人目産後ダイエットと1人目産後ダイエットの違い
2人目産後ダイエットについて
帝王切開出産の産後ダイエットはいつから大丈夫?
帝王切開からの産後ダイエット期間について説明しています。
産後ダイエットを挫折せずに成功させる方法
産後ダイエットを成功させるにはルールがあります。