赤ちゃんにプロテインが?

産後授乳中のダイエットで、プロテインを飲む事はあまり良くありません。

 

 

授乳中のダイエットで1番気にしておかなくてはならない事は、
お母さんが摂取した成分は母乳を通して赤ちゃんに入ると言うところです。

 

 

 

通常考えると、赤ちゃんがダイエットをする必要はありません。

 

ですがお母さんがダイエット目的で食事にプロテインを含ませてしまうと、
そのプロテインは赤ちゃんの中に入っていくことになります。

 

 

そうすることによって必要のないダイエットが赤ちゃんにおこってしまう可能性も考えられます。

 

 

お母さんの健康をしっかりと維持する上でのダイエットは良いかもしれませんが、
何かの成分を補給することによって、意図的にダイエットを引き起こすものは授乳中においてはお勧めできません。

 

 

 

プロテインダイエットなどの置き換えダイエットは卒乳後に行うと良いでしょう。

 

 

その他にも、ダイエット食品はたくさんありますが、
あくまで母乳に影響を与えないものを選ぶといった視点が重要になってきます。

 

 

 

産後すぐの授乳中期間は赤ちゃんが体を作っていく上で基本になってくる時間です。
この時期に必要のない成分を赤ちゃんの体の中に送り込む事は避けたいものですね。

 

 

 

できる限り、健康的な母乳を与えることが出来るような食事を心がけたいものです。

 

 

 

本格的にダイエットを行うのであれば、この授乳中期間を過ぎたあたりがベストかと思いますよ。

 

 

 

授乳期間を過ぎてしまうと、水溶性の脂肪が定着しやすくなってくるという意見もありますが、
きちんとエクササイズを行ったり、体の内側、外側、両方からダイエットを意識してがんばって行けば体重は落ちると思います。

 

 

プロテインダイエットとは置き換えダイエットのことを指します。

 

置き替えダイエットとは、一日3食のうちの1〜2食をダイエット食品などに置き替えるダイエット方法のことで、
1日当たりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としています。

 

 

その中の1つに授乳中プロテインダイエットがあり、
ここでは1食分のカロリーが低いために簡単にカロリーコントロールができるようななっており、ダイエットを行うことができます。

 

 

しかし、赤ちゃんへの栄養補給の面から考えた場合には危険性が問われており、
その理由としてはプロテインが胎児の中に母乳を通して取り込まれてしまうこということです。

 

 

それは、必要のないダイエットを赤ちゃんにも起こすことを意味します。

 

 

また、母乳の味が変わることも指摘されており、赤ちゃんが飲まなくなる可能性もあります。

 

 

つまり、健康を維持する上でのダイエットには効果がありますが、
何かの成分を補給する授乳中プロテインダイエットは好ましくないことがいえます。

 

 

 

もし、行う場合には授乳期間が過ぎてから行うのが適しています。

 

また、医師の指示などによりダイエットを行う場合には、
あくまでも母乳に影響を与えないものを選ぶ必要があり、それは、赤ちゃんにとっても重要なこととなります。

 

>>>母乳にも良い酵素ダイエットの体験談

 

関連ページ

産後の授乳中ダイエットでの有酸素運動効果と骨盤矯正
産後の授乳中ダイエットにおける有酸素運動の作用について説明しています。
産後授乳中ダイエットと卒乳後ダイエットの違い
産後の授乳中ダイエットと卒乳後のダイエットには大きな違いがあります。
授乳中の酵素ダイエットのメリット
授乳中における酵素ダイエットについて説明しています。
産後のダイエットはいつからはじめてOKなのか。
産後の授乳中ダイエットをいつから始めるべきかについて
授乳中に運動以外で安全に痩せる方法
授乳中で安全に痩せる方法
授乳中の産後ダイエットをやる気が出ない時
産後の授乳中ダイエットにおけるやる気が出ない理由
ベルタ酵素に産褥体操と酵素ダイエットの相性を聞いてみた!
産褥体操と酵素ダイエットの相性を問い合わせてみました。
授乳中にダイエット薬を飲んではいけない理由
授乳中のダイエット薬について
授乳中のダイエットが難しいのは、コレが原因
授乳中のダイエットが難しい原因について
産後ダイエットで酵素を飲むときの注意点
産後ダイエットでの酵素摂取について知っておくこと。
2人目産後ダイエットと1人目産後ダイエットの違い
2人目産後ダイエットについて
帝王切開出産の産後ダイエットはいつから大丈夫?
帝王切開からの産後ダイエット期間について説明しています。
産後ダイエットを挫折せずに成功させる方法
産後ダイエットを成功させるにはルールがあります。