傷口の状態を確認しながら

出産には、大きく分けて2つの方法があります。

 

1つ目は、自然に陣痛が来て出産をする、普通分娩です。
そして、もう1つは、お腹の中に居る赤ちゃんが双子であったり、何かしらの事情があって、
普通分娩が出来ない場合に行われる、帝王切開になります。

 

 

妊娠期間中というのは、自然と体重が増えていくものですが、
食欲が止まらなくなってしまうなどの理由で、思った以上に太ってしまう人もおります。

 

 

そういった人は、出産後に産後ダイエットを行う人が多いのですが、帝王切開の場合ですと、
いつくらいから産後ダイエットを行えば良いのでしょうか。

 

 

帝王切開の人は、普通分娩とは違い、メスを使ってお腹を切ります。ですので、
傷口がきちんと治ってから産後ダイエットを開始するようにしましょう。

 

普通分娩にていびつな傷口になってしまった場合などにも、ダイエット開始までの時間を必要とします。

 

傷口の状態によっては帝王切開の方が早く治る可能性も考えられます。

 

 

また、どのような方法であっても
出産をして約2ヶ月程度は、激しい運動は避けたほうが、自分の身体の為にも安心です。

 

産後ダイエットをして、直ぐにでも増えてしまった体重を戻したい気持ちは解りますが、
子育てと並行して行わなくてはいけません。

 

ですので、無理はしないようにしましょう。
健康第一です。

 

 

具体的な帝王切開後ダイエット

出産する方法は、普通分娩と帝王切開の2種類の方法に分ける事が出来ます。
帝王切開が行われる場合は、双子出産の場合や、赤ちゃんに危険と判断された場合等に行われます。

 

開腹手術が行われるので、傷口が治るまでは運動等を行わずに過ごし、
術後2ヶ月が過ぎた位から徐々にダイエットを行います。

 

帝王切開の場合の産後ダイエット方法は、
産褥体操から始める事で無理なく始める事が出来ます。

 

 

産褥体操とは、普通分娩の場合等は、
産後24時間以内に始める事が出来る、安心な体操方法です。

 

 

産褥体操を行う事で、出産で開いてしまった骨盤を元の位置に戻す事が出来たり、
筋肉も少しずつ戻す事が出来るので帝王切開の傷も心配する事無く行う事出来る産後ダイエット方法となっています。傷口の心配が無くなって来たら、徐々に横になりながらでも出来る産後ダイエット方法を行う事で、心配する事無く行えます。

 

普通分娩の場合とは違い、痛みが走る場合等は、無理せずに行う事が大切です。

 

あくまで子宮の回復に注目しながら、ゆっくりと行うことが重要です。
帝王切開は、それだけでも母体にかなりの負担をかけています。

 

 

痩せたいといった前向きなイメージを持つことは大切ですが、
何より日常生活に健康的に戻るといった事を先行するようにしましょう。

 

 

 

関連ページ

産後の授乳中ダイエットでの有酸素運動効果と骨盤矯正
産後の授乳中ダイエットにおける有酸素運動の作用について説明しています。
産後授乳中ダイエットと卒乳後ダイエットの違い
産後の授乳中ダイエットと卒乳後のダイエットには大きな違いがあります。
授乳中の酵素ダイエットのメリット
授乳中における酵素ダイエットについて説明しています。
産後のダイエットはいつからはじめてOKなのか。
産後の授乳中ダイエットをいつから始めるべきかについて
授乳中に運動以外で安全に痩せる方法
授乳中で安全に痩せる方法
授乳中の産後ダイエットをやる気が出ない時
産後の授乳中ダイエットにおけるやる気が出ない理由
授乳中プロテインダイエットの危険性
授乳中のプロテインダイエットについて
ベルタ酵素に産褥体操と酵素ダイエットの相性を聞いてみた!
産褥体操と酵素ダイエットの相性を問い合わせてみました。
授乳中にダイエット薬を飲んではいけない理由
授乳中のダイエット薬について
授乳中のダイエットが難しいのは、コレが原因
授乳中のダイエットが難しい原因について
産後ダイエットで酵素を飲むときの注意点
産後ダイエットでの酵素摂取について知っておくこと。
2人目産後ダイエットと1人目産後ダイエットの違い
2人目産後ダイエットについて
産後ダイエットを挫折せずに成功させる方法
産後ダイエットを成功させるにはルールがあります。