有酸素運動

産後ダイエットにもいろいろな方法がありますね。

 

その中には有酸素運動があります。

 

確かにこれはとても効果的であるとされています。

 

一日、30分から1時間位上の持続的な運動をするよりは、
数分程度の運動をコマ目にするのが良いとされています。

 

  • ウォーキングや軽いランニング
  • 腹筋
  • 室内で行う反復運動でも酸素を沢山必要とする運動

などがあります。

 

その為、産後のダイエットにも適しているとされています。

 

しかしながら、有酸素運動は若干キツイ運動になりますので、
くれぐれも出産直後から行うことのないよう気をつけてください。

 

すぐに行うのは母体に対して非常に負担を与えます。
子宮が安定しない内には、出血の危険性もあり得ます。

 

 

産後の授乳期でも、出産直後〜一ヶ月くらいまでは、しんどい運動はさけるのが安心です。

 

産後一週間くらいから痩せたい!元に戻りたい!欲求が高まってくるかと思いますが、
しばらくの間は、食事制限も極端な運動の我慢しましょう。

 

赤ちゃんと母体を最優先とした行動が大切になってきます。

 

この時期でも行えるダイエットはありますので、無理の無い運動で
少しづつ慣れていくのが良いかと思われます。

 

 

骨盤矯正

産後ダイエットでの失敗談として多いのが、骨盤矯正ベルトを使わなかった事ですね。

 

産後の開いた骨盤の状態は、もとの体型に戻るためには大切な事です。
意外と骨盤に目が向いていない方が多いように思えます。
自分自身もそうだったのですが、、、

 

 

専門的な矯正を受けることができるのであれば問題ないのですが、
通常のマッサージ程度で大事な期間を経過してしまうケースも少なくありません。

 

 

骨盤矯正も適正な方法で行わなくては、歪んだ状態のままになってしまう危険性もあります。
そうなってしまうと元に戻すのはなかなか大変な事になってきます。
かなりの根気を必要とするというか、専門家に頼むしかなくなるかもしれません。

 

 

骨盤の場合、
体重的な問題を重視してしまいがちですが、腰痛の視点からも大切な事になります。
産後の育児において、腰痛の問題はとても大きくのしかかってきます。

 

 

早い段階で適切な骨盤矯正を行うことは、体質にも影響が出ることもあり、
今後の産後ダイエットの効率にも大きく影響してきます。

 

出産による骨盤の開きは、いろいろな面に影響を与えます。

 

ただし、骨盤矯正ベルトを買って安心してしまってはいけません。

 

それをどうしようすべきか?

 

信頼できる専門家に相談しつつ徐々に行ってゆくことが総合的に
美容の為にもなってきます。

 

 

ついつい骨盤ベルトを買って満足して自分なりに使ってしまう事も多いかと思います。
便利な道具も使い方は大切です。

 

説明書だけ見ても足りない知識はたくさんあります。

 

関連ページ

産後授乳中ダイエットと卒乳後ダイエットの違い
産後の授乳中ダイエットと卒乳後のダイエットには大きな違いがあります。
授乳中の酵素ダイエットのメリット
授乳中における酵素ダイエットについて説明しています。
産後のダイエットはいつからはじめてOKなのか。
産後の授乳中ダイエットをいつから始めるべきかについて
授乳中に運動以外で安全に痩せる方法
授乳中で安全に痩せる方法
授乳中の産後ダイエットをやる気が出ない時
産後の授乳中ダイエットにおけるやる気が出ない理由
授乳中プロテインダイエットの危険性
授乳中のプロテインダイエットについて
ベルタ酵素に産褥体操と酵素ダイエットの相性を聞いてみた!
産褥体操と酵素ダイエットの相性を問い合わせてみました。
授乳中にダイエット薬を飲んではいけない理由
授乳中のダイエット薬について
授乳中のダイエットが難しいのは、コレが原因
授乳中のダイエットが難しい原因について
産後ダイエットで酵素を飲むときの注意点
産後ダイエットでの酵素摂取について知っておくこと。
2人目産後ダイエットと1人目産後ダイエットの違い
2人目産後ダイエットについて
帝王切開出産の産後ダイエットはいつから大丈夫?
帝王切開からの産後ダイエット期間について説明しています。
産後ダイエットを挫折せずに成功させる方法
産後ダイエットを成功させるにはルールがあります。